返信先: 2020年を振り返って


このトピックには27件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。8 ヶ月、 1 週前 柳(県大2) さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿
  • #38329 返信

    宇佐美(滋賀3)

    失礼します。
    先日の正規練習を持ちまして、前主将となりました。
    第37代滋賀大学ウインドサーフィン部で主将兼新歓担当を務めておりました、宇佐美光弘と申します。
    今年1年はコロナウイルスによって大きな制限がある中での活動となりました。
    練習は大学によって活動再開時期が異なる状況、新歓活動は予定よりも半年遅らせた状態での開始、大会は大幅に少なくなり、1年前に思い描いていた幹部生活、理想としていた自分とは大幅に異なる自分となってしまいました。
    そうしたギャップとは別に、普段通りに練習できることがどれだけ幸せなことかということも思い知ることができました。
    気づかない幸せな時間も幸せではない時間もいずれ過ぎていきます。失った時間は取り戻せず、後から後悔という形でやってきます。
    大学生活は4年間しかありません。その4年間という時間を無駄にせずに生きていきましょう。
    長文駄文失礼しました。

    #38354 返信

    児島(県大3)

    失礼します。
    第24代滋賀県立大学ウィンドサーフィン部で主将兼学連兼OB担当を務めておりました。児島です。
    この一年間を振り返ると去年の自分からは想像のつかない一年間でした。緊急事態宣言で部活ができなかった春は大会ラッシュで沢山の経験を積むことで一年間の中でもかなり成長できる時期でしたが大会はすべて中止になり前年に比べて部の活動は県大は半分程度になっていたと思います。その中でも滋賀は夏練の練習量はかなり多大よりも多く。インカレ予選では体力の面で多大よりも前にでていたと思います。そのおかげで幹部からの予選通過者を沢山出すことができました。コロナの影響で失ったものも多いですが、それ以上に自分で考えその時々で最善の行動をするスキルが少しだけ身についたように感じます。長くなりましたが、幹部生活を支えてくださった四回生さんやOB、OGの皆様や部員のみんな、本当にありがとうございました。

    #38355 返信

    東(県大マネ3)

    失礼します。
    第24代滋賀県立大学ウィンドサーフィン部で主務兼広報を務めておりました、東優伽と申します。
    まずは、正規練やレース、大会に応援・ご支援頂きましたOBOGの皆様、ありがとうございました。
    今年1年は新型コロナウイルスによる制限がある中での活動ではありましたが、楽しく充実した1年でした。私は実習のため変則的な形で部活動に参加させて頂きましたが、そのような形で部活動に参加することを理解して下さった皆様、そしてこのような状況下でも部活動に参加できたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
    幹部としては、主務として周りの方々のお力を借りながらですが、部を支えることが出来たのではないかなと思います。特にお忙しい中車を出して下さった安藤さんや、会計のおかげでガス代を抑えることができました、ありがとうございました。また、広報としては4人で協力しながら滋賀ウィンドサーフィン部の活動を発信することができたと思います。幹部としてできたことは少なかったですが、部を運営するという貴重な体験をすることができました。
    マネージャーとしては、後輩の成長を見守ることしか出来なかったと感じます。この1年でマークを打てるようになり、マネージャーができることが増えましたが、それは教えてくれた中田や、山本、2回生マネージャーの力が大きいです。実習が明けて部活動に参加した時には変化、後輩の成長に驚き、正直ついて行くのに必死でしたし、でもそれがモチベーションになりました。2回生は3回生さんと船に乗ると安心すると言ってくれましたが、私は2回生との船は安心します。勉強熱心で、しっかりしてて、仕事ができる優秀なマネージャーです。1回生もやる気に満ち溢れていて成長も早いです。みんななら大丈夫です。頑張って下さい。
    最後にはなりましたが、4回生さん、同回、後輩のみんなに感謝の気持ちを伝えたいです。この一年やってこられた、現役3年間充実して楽しかったのは、滋賀ウィンドサーフィン部、そして皆様のおかげです。本当にありがとうございました。
    以上です。失礼します。

    #38358 返信

    中島(県大3)

    失礼します。
    第24代滋賀ウィンドサーフィン部副将兼渉内兼新歓担当を務めておりました、中島修平と申します。
    幹部を務めさせて頂いたこの一年間は、思っていたよりも短いものでした。やりたいと思っていたことがなかなかできず、もどかしい思いもありましたが、追いつくべき背中をみせてくださったりゅうじさん、ゆうしんさん、自分たちについてきてくれた後輩のみんな、ありがとうございました。微力ながら、幹部として1年過ごすことができてよかったです。
    幹部の1年は技術面も、人としても1番成長できる年だと思います。私自身、この1年で一段階成長できたと思います。コツコツやってきたことが3年目で少しずつ目に見えてくるのではないかと思います。これから本格的に幹部としてスタートする2回生は、全力で楽しんで部を運営していって欲しいです。結果は勝手についてくるはずです。滋賀ウィンドサーフィン部は、確実に進歩していると思います。2021年、この歩みをさらに加速させていきましょう。
    最後になりましたが、現在もコロナウイルスが蔓延する中、2020年練習をしたり大会に出たりすることができたのは、大会運営陣の皆様や、OB、OGの皆様、大学からの支援があってのものです。そのことをしっかりと頭に入れ、2021年も精一杯活動させていただきます。以上です。失礼しました。

    #38362 返信

    藤田(県大3)

    失礼します。
    第24代滋賀県立大学ウィンドサーフィン部で広報兼OB担当を務めておりました、藤田結己です。
    まずは、ご支援・ご指導をしてくださった先輩方、部を運営してくれた同回、刺激を与えてくれた後輩のみなさん、ありがとうございました。
    2020年の目標として継続的に練習することを掲げていましたが、コロナウイルスの影響でそう簡単には達成させてもらえませんでした。そんな中でも、毎日筋トレとランニングを続けました。8月に部活が再開できるとなった時は嬉しかったです。1,2回生の頃には考えられなかった感情でした。練習をするのも大会に出るのも当たり前のことではなく、周囲の連携があってこそだと改めて実感し、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
    個人としては、今年は体調面で迷惑をかけ、このまま部活に残ってもいいのか、考えさせられた年になりました。最終的にできる範囲で部活を続けることを選んだのですが、十分に説明できていないにも関わらず、優しい言葉をかけてくれた同回のみんな、ゆうしんさん、りゅうじさん、本当にありがとうございました。優しさが身に染みました。続けるという決断をし、どうすればチームに貢献できるのか、自分なりに考えて行動しましたので、少しでも役にたっていれば嬉しいです。
    これからも現役のみなさんを応援しています。何かできることがいつでも呼んでください!ウィンドサーフィン部に入ってよかったです、本当にありがとうございました。

    #38364 返信

    堤(県大3)

    失礼します。
    第24代滋賀県立大学ウィンドサーフィン部で新歓担当を務めさせて頂きました堤あやです。
    2020年は新型コロナの影響で、自分が思い描いていた幹部としての行動を示せる場面がほとんどなく、また満足できる程の練習もできず、幹部としてもプレイヤーとしても、悔しいというより虚しい一年になりました。でも、後悔はしていません。後悔していないと言ったら嘘になるけれど、後悔しないくらい毎回の練習で自分が出来ることを精一杯頑張ろうとしたからです。3回生は実習でウィンドに集中できないことは初めから分かっていたので、その分1.2回生の自主練や正規練で自分の中で全力を尽くしたつもりです。流石にここまでウィンドできないのは予想外でしたが…。でもこのコロナがあって、改めて毎回全力を尽くすことの大切さ、当たり前だと思っていることの有り難さ、そして、どんな状況でも前を向いて進んでいこうとする同回の頼もしさを身に染みて感じました。看護の状況を理解して受け入れてくれた幹部や現役のみんな、一緒に練習してくれたみんな、励まし競い合ったレディース、大会の応援や普段声をかけて下さり、ご飯に連れて行って下さったOBOGさん、実習で支えてくれて大会を応援してくれた実習グループ、一番近くで支えてくれたるいかろちゃん、これまでずっと支えてくれた家族、全ての人に感謝の気持ちでいっぱいです。この部活に入った事は、大学生活一番の思い出です。有難う御座いました!
    これからもウィンドサーフィン部の活躍を期待してます!みんななら大丈夫です!頑張ってください!
    長文失礼しました。

    #38374 返信

    中門(県大3)

    失礼します。
    第24代滋賀県立大学で会計兼OB担当を務めておりました、中門朱里と申します。
    はじめに昨年まで大会の応援や運営、日頃の練習を見守ってくださって支えてくださったOB、OGの方々、4回生さん、ありがとうございました。
    新型コロナウイルスの蔓延に伴いまして、昨年度はイレギュラーな年となりました。部活動が禁止されている期間もあり、幹部として仕事をすることはもちろん、先の見えない状況でプレイヤーとして大会に向けての気持ちを保つことはとても難しかったです。そんな状況下でも何か出来ることは無いかと筋トレやランニングを行い、再開されてからは幹部としても目標としていたインカレ予選の通過に向けて精一杯取り組みました。実習や勉強、体調面で幹部が全員揃わない事が多かったですが、たくさん話し合って同じ目標に向けて頑張れたのではないかと感じています。
    会計としましては、遠征の回数が減ったことで助成金の申請額が例年より減ってしまいましたが、日頃から支えてくださるOBOGの皆様のおかげで運営する事が出来ました。OB担当としましては、オンラインではありましたがOB総会も開催でき、大勢の方々に参加して頂いて現役とOBOGさんでお話が出来る貴重な機会となりました。
    これからは現2回生が部を運営していきますが、益々いい部活にしていってくれると思っています。OB、OGの皆様におかれましてはこれまでと同様、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。
    最後に、昨年1年間たくさんアドバイスや応援の言葉をくださった先輩方、支えてくれた同回、後輩のみんなありがとうございました。以上です。失礼しました。

    #38380 返信

    松本(県大3)

    失礼します。第24代滋賀県立大学で広報兼OB担当を務めておりました、松本彩理と申します。まずはじめに、日頃から応援してくださるOB・OGの皆様方に厚く御礼申し上げます。いつも本当にありがとうございます。気にかけてくださることが心の支えになっております。
    本年もどうぞご指南のほどよろしくお願い申し上げます。
    今年の一年は例年と比べ物事をより深く考えた一年でした。新型コロナウイルスの流行により新しいことが多かったのはもちろんですが、自身の立場や果たすべき役割についてなど考えることが増え、あっという間に一年が過ぎました。みんなが少しでもやりやすいように陰ながら少しでも力になれていたら嬉しいです。
    また、今まで以上にウィンドに向き合った一年でもありました。剥き出しの、素の感情でウィンドと向き合えた気がします。しかし成績は残せておらず、課題は山積みなのであと一年必死にもがきます。部全体で高め合っていけたらと考えております。
    最近幹部になった2回生には自分が集団に与える影響について考えて欲しいです。
    幹部の役職を全うすることを第一に、でもそれ以外にも組織に貢献する方法はあると思います。一人一人のその小さな気遣いを大切にしてください。期待しています。
    ようやく部活動に慣れてきたであろう1回生はとにかくがむしゃらになって練習してください。この競技の楽しさをめいっぱい味わってもらいたいです。あとはコロナがあるので難しいですが同回とたくさんの時間や思い出を共有しておいてください。
    私たち幹部の目標であった「信頼される幹部」にはなれなかったと思います。私たちが未熟だったために歯痒い思いをさせてしまったこともあったと思います。それでも幹部の意に沿って優しくサポートしてくださったりゅうじさんとゆうしんさん、ついてきてくれた2回生と1回生、ありがとうございました。
    心身ともに支えてくれるマネさん方もありがとうございました。コロナの影響で試合に来てもらえることが少なくなり、今までマネさんが居てくれたことの有り難みや安心感を改めて痛感しました。大会だけでなく普段も居てくれるだけで本当にほっとします。いつもありがとう。
    同回のみんなも今までありがとうございました。引退するみんなはこれからも仲良くしてください。今まで一緒に頑張ってくれてありがとう。現役を続けるみんなは私に厳しく一緒に練習してください。お願いします。
    駄文を長々と失礼しました。本年もどうぞよろしくお願い致します。

    #38381 返信

    宮森(県大マネ3)

    失礼します。
    第24代滋賀県立大学ウィンドサーフィン部で広報兼新歓担当を務めておりました、宮森琉衣と申します。
    この1年は、誰もが予想できない年になったと思います。私にとっては、反省の多い1年になりました。コロナ禍で、前期の部活は禁止となり、部活再開後も実習の関係で思うように参加できない日が続きました。新歓においても、広報の仕事においても、できることを行っていたつもりですが、もっとできることがあったのではと思うことが多くありました。また、マネージャーの仕事に関しても、実習を言い訳にしてしまった部分が多かったと思います。
    もっと部活に参加したかった、もっとできることがあったという反省や後悔は残っていますが、この1年なんとか幹部をやってくることができたのは、相談に乗ってくださった先輩方、意見を言い合えた同回、私を必要としてくれた後輩のおかけです。本当にありがとうございました。
    みんなも言っているように、自由に部活ができること、みんなでご飯に行ったり遊びに行ったりできることがどれだけ幸せなことだったか、よくわかりました。今年は半年間部活がなかったこともあり、時間が経つのはあっという間でした。後輩のみんなも、これからも自粛生活は続くと考えられますが、一つひとつの活動を大切に、幸せを噛み締めてウィンドサーフィン生活を送ってください。
    今年もコロナに負けず、滋賀ウィンドサーフィン部のみなさんと青春を謳歌したいです!

    #38407 返信

    山本(滋賀マネ3)

    失礼します。
    第37代滋賀大学ウィンドサーフィン部で主務兼新歓担当を務めておりました、山本紗帆里と申します。
    まずは、日頃から滋賀ウィンドサーフィン部の活動に応援・ご支援いただきましたOB,OGの皆様、ありがとうございました。
    2020年は、立ち止まることの多い1年でした。
    主務としては、歓送会やCM会議などが中止になり想定していた活動と大きく異なることとなりました。目標としていた他部活との意見交換は満足に行えませんでしたが、主将の宇佐美や常任委員ののぞみの支えのおかげで1年間務めることができました。ありがとう。
    新歓担当としては、4月に大学が始まらないという足止めをくらい戸惑いましたが、オンラインでの活動に切り替え無事に新しく部員を迎え入れられたことを嬉しく思います。
    マネージャーとしては、気持ちの部分で何度も何度も立ち止まりました。幹部として練習がより良くなるように、上回生として常に見本であるように動かなければと意識することで視野を狭めてしまい悩むことも多かったです。それでもここまで来れたのは、私の悩みを受け止め見守ってくださったゆーしんさん、りゅうじさんをはじめとする4回生の皆様、どんな愚痴にも付き合ってくれた同回、私と共に成長し続けてくれた後輩たちのおかげです。私はなんだかんだ滋賀ウィンドサーフィン部のことが好きでここが私の居場所のひとつなんだなと思います。滋賀大に入って、ウィンドサーフィン部に出逢えてよかったです。
    最後に、暑くても寒くても風があってもなくても自身の成長を諦めずウィンドに向き合う格好いい姿を見せてくださったプレーヤーの皆さん、どんな時でも船の上を笑いに包んでくれたマネのみんな、本当にありがとうございました。
    以上です。長文失礼しました。

    #38411 返信

    松崎(滋賀3)

    失礼します。
    第37代滋賀大学会計兼学連兼新歓担当を務めさせていただきました、松崎千佳と申します。
    まずは日頃から応援してくださるOB・OGの皆さん、積極的に協力してくださった4回生さんありがとうございました。
    今年はコロナの影響で先の見えない中、慌ただしく過ぎた1年でした。合宿も大会も例年通り行うことができずやり切った!とは言いずらいのが正直なところです。ですが3回生になり、表彰台に立たせてもらうことがあってウィンド楽しいなと思える機会も多くありました。今日の沖縄でも書いてありましたが、大会で前走ったり入賞することは誰にでも経験できることではない分、その喜びはとても大きいものだと思います。1.2回生には是非多くの人にこの喜びを味わってもらいたいです。そのためにも苦手なところに目を背けず果敢にチャレンジして克服していって欲しいです。私は吹き、スタート等々苦手なことから逃げたことでレースを何本も無駄にしてきました。同じような思いをすることがないよう残りのウィンド生活を悔いなく過ごせるよう頑張ってもらいたいです。
    長々と生意気なことを書いてしまいすみません。私はインカレをもって引退しますが、学連として大会の運営に行くので後輩たちの活躍を楽しみにしています。最後になりますが1年間私たち幹部を支え、ついてきてくださり本当にありがとうございました。

    #38445 返信

    冨吉(県大3)

    失礼します。
    第24代滋賀県立大学ウィンドサーフィン部で副将兼渉外を務めておりました、冨吉です。
    昨年を振り返るとコロナに振り回された1年でした。
    コロナウイルスの影響で自粛の生活を強いられ、本格的に練習を始められたのは夏休みからでした。しかし、再開できたのも束の間、僕は実習が始まりすぐに練習に行けなくなりました。ただでさえ練習ができていないにも関わらず、離脱を余儀なくされ、もどかしい気持ちでいっぱいでした。実習期間中は目の前の実習の事と、じわじわと迫る予選の事で不安でたまりませんでした。そんな時も見捨てず一緒に筋トレしてくれたり、掌のマメの維持のため素振りを教えてくれた同期や励まして頂いた上回生の方には感謝しています。また、練習に復帰した時に自分の知らない間に成長していた2回生や右も左も分からない1回生が必死に上手くなろうとしている姿を見た時には本当に嬉しかったです。
     昨年一年は、これまで以上に人との繋がりや縁を強く感じる年でした。僕は本当に人に恵まれているなぁと常々思います。照れ臭くて普段言えないのですがすごい感謝してます。ありがとう。
     今年一年は、支えてくれた周りの人もそうだし、自分を成長させてくれた部にも恩返しをしたいと思います。自分の現役生活は残り少ないのですが、何か少しでも力になれたらと思います。後少しの間よろしくお願いします。

    #38668 返信

    中田(県大3)

    失礼します。
    11月の正規練をもちまして引退させていただき、第24代滋賀ウィンドサーフィン部学連兼OB担を務めておりました中田一磨です。
    2020を振り返ってということで、改めて振り返ってみましたが、実に様々なことが起こり、激動の一年だったと感じます。やはり、コロナを筆頭として、自分自身の怪我などもあり、満足のいく一年だったか?と言われると正直微妙なところがありますが、実りの多い一年であったとは感じます。こういった前代未聞の状況と対峙し、幹部一同でどのように対応するべきか考え、実行した一年を一生忘れることはないと思います。
    そして、私は、引退式に出席していない為、この場を借りて後輩たちに少し話をします。
    この一年を振り返って後輩達に伝えられることは、現状に不平不満を抱くのではなく、積極的に変革、変化が組織にとっては大事だということです。時代と同様に組織もまた流動的なものであり、古いしきたりや悪習は常に時代に沿ってアップデートする必要があります。そこで変化を嫌い、議論せず、現状維持では部としても、人間としても成長することはできないと思います。現状維持は後退です。これは何も主将が率先して行う必要はなく、幹部として、各々が常により良い部、環境を求め、貪欲に活動することが大事です。つまり、誰か一人がというよりは、全員が裁量権を持ち、発言し、考える。これこそが部活、人間共に成長できるのではないかと思います。しかし、そこで発言するときに考えてほしいのは、感情的にならないことです。感情論、空論に走れば、目的がブレ、見失いがちになり、無駄で助長な議論になります。これは非常にもったいないことです。よって、感情論に走らないことが生産性を上昇させ、説得性を持たせるものになります。これを念頭に置き、散々議論してほしいと思います。最後に、小話ではありますが、最近私が頭の片隅においていることは、”感謝” ”少し自分が損をする気持ちで” です。これは、最近読書から得た知見なのですが、この思考にしてから”運”が少し上がったような気がします。皆さんもぜひ試してみてください。
    長文失礼しました。

    #38760 返信

    今西(滋賀2)

    失礼します。
    第38代滋賀大学主将を務めることになりました。今西弘成です。
    2020年はコロナウイルスの影響により、部活ができないという状態から始まりました。いつものように部活も大会も出来ず、不安なスタートを切りました。この一年で一番悔しかったことがあります。それはインカレ予選を通過できなかったことです。県大よりも早めから部活を再開できたのにも関わらず、不甲斐ない結果になってしまったことが本当に悔しく、期待にも応えられず申し訳ない気持ちになりました。どれだけ調子が上がっていても、安心せずに大会に臨むことを心がけることが必要だと改めて感じました。
    2020年は悔しい思いをたくさんしたので、2021年はこの悔しさを忘れずに、幹部として、主将としてチームを引っ張っていきます。

    #38898 返信

    大窪 (滋賀4)

    失礼します。
    2020年の振り返りとしては、コロナで思っていた4回生のウインド生活は送れず、また団体戦のリグトラから始まり、インカレのリグトラに終わる後悔の残る1年でした。一方で、短い時間ながら、4回生としてのラスト部活を優秀で優しい後輩たちのおかげで楽しむこともできました。ありがとうございました。あと少しいるので、仲良くしてくれると嬉しいです。
    大会の結果としては、苦手風域はボコボコにされ、得意風域では優勝することができませんでした。最後の大会である団体戦では、2020年の反省を活かし、リグトラなく、苦手風域でもトップ艇走り、後悔の残らないレースをし、最高の結果を残してウインド生活を締めくくります。そして少しでも後輩に何か残せるよう頑張ります。

    #38963 返信

    吉田(県大2)

    失礼します。
    滋賀県立大学第25代主将兼新歓担当を務めます、吉田航世です。
    2020年は自分にとって成長の年になったのではないかと思います。
    一昨年新人戦予選を通過できなかった時から、自分がレースで前を走る為の計画を立てて、準備をしてきて、2020年はその計画を超えるペースで成長できたので、出来過ぎなくらいだと思います。まだまだ計画の道半ばなので、今まで以上に成長できるように練習していきます。
    今年は県大主将として、自身の成長のみならず、チームを成長させることができるように頑張りたいと思います。

    #38966 返信

    壁谷(滋賀2)

    失礼します。
    第38代滋賀大学ウィンドサーフィン部で副将兼渉内兼OB担当を勤めさせていただきます壁谷太桜と申します。
    2020年は新型コロナウイルスの影響で異例の形となりました。現状2021年も同じような状況になることを考えると昨年を踏まえてどのように今年に繋げるかが大切になります。反省として練習量が減るというみんなが同じ状況の中でいかに考えて必要なことに取り組むかという考え方の欠如があります。環境にあわせて自分の行動や考えを変えつつ成長に繋げることはもっとできたと思っています。もう一つ大会への取り組みも反省点です。入賞が厳しい大会においてもその大会を自分の成長材料ととらえてもっとたくさんの知識や経験を得ることができたと思っています。
    この反省を生かして2021年取り組みます。
    以上です。

    #38989 返信

    河合(滋賀2)

    失礼します。
    第38代滋賀大学ウインドサーフィン部副将兼会計兼新歓担当を務めさせていただきます河合佳樹と申します。
    2020年の振り返りといたしましては、まず前半においてはモチベーション、後半はその下がりきったモチベーションを如何に上げて結果に繋げるかというのが自分の中での課題でした。
    去年の1月2月は1回生で団体戦は通れなくて当たり前という甘い考え方から練習や日々のラウンディングに身が入らず、そのツケが4月以降、コロナ明けに影響していたと思います。金銭面や練習のしんどさから、新人戦が終わったら辞めようかとも考えていました。しかし、コロナの影響で新人戦が消え、正規練が消え、そのまま春になったことからズルズルと2回生になってしまいました。
    練習のできない2,3ヶ月の間、そのモチベーションをずっと引き摺っており、それは自粛明けの練習にも影響しました。その結果がインカレ予選の順位にそのまま現れました。
    その悔しさと、1回生が入り、少しでも早くなろうとするその姿勢に感銘を受け、徐々に練習量を増やしていき、それに合わせてモチベーションも上がっていきました。
    幹部として、下にみっともない姿は見せられないという思いもあり、今後は次に入ってくる1回生の育成、部の運営、全員が上を目指す雰囲気作りが出来るよう結果で、姿で見せる副将になりたいと考えています。
    以上、長文失礼しました。

    #38994 返信

    上中田(滋賀マネ2)

    失礼します。
    第38代滋賀大学ウインドサーフィン部で主務兼新歓担当を務めております、上中田希と申します。
    まずは2020年におきまして、私たちを引っ張ってくださった先輩方、本当にありがとうございました。
    この1年は色々な意味で変化の多い1年でした。思うように部活動を行えず、じれったい気持ちになる時も多くありましたが、一方で良い変化もありました。夏休みの練習からマネもコースが作れるように勉強し、まだ完璧とまでは言えませんが、ある程度のコース作りを任せていただけるようになりました。また、エクセルでのリザルト作成にも取り組み始めました。このように私たちマネージャーが成長できたのは、より良い練習となるように様々なアドバイスをくださったプレーヤーの皆さんのおかげです。いつもありがとうございます。
    さらに今年は、10月からではありますが1回生が入部してくれて、先輩という新しい立場で部活動に取り組みました。私はあまり細かいことに気がつけず、教えるのも上手ではないので、先輩のマネさんや同回マネに迷惑をかけてしまっていたと思います。来年度は幹部としての1年になりますので、自分が現役の中で1番上の立場であることを自覚し、後輩マネやプレーヤーの皆さんに安心して部活動に取り組んで貰えるよう、自分なりに頑張っていきます。
    来年もよろしくお願いします。
    以上です。失礼します。

    #38996 返信

    山下(県大マネ2)

    失礼します。
    第25代滋賀県立大学ウィンドサーフィン部で主務兼OB担当を務めさせていただいております、山下真央と申します。
    まずは、日頃から多くのご支援を届けて下さったOB・OGの皆様、ありがとうございました。
    そして、コロナ禍という厳しい状況下でも、部を盛り上げてきて下さった先輩方、本当に楽しい時間でした。ありがとうございました。
    自粛期間を終え、部活動が再開し、一回生を迎え入れてからの練習期間はとても早く過ぎていった気がします。気が付けば、一回生マネは船舶免許を取得し、大好きな先輩方は引退され、自分たちが幹部となり動き出していました。『一瞬で過ぎ去っていってしまった一年』そういった印象が強い年でした。その一瞬の中で何ができたかと問われると、何も思いつきません。何もできていないのだと思います。なんとなくいつも通り部活に行き、学校に行き、バイトに行く。一つ一つの活動に目標や意味を持っておけばよかったなと後悔しています。これは2020年の反省ポイントです。
    マネージャーとしましては、たくさんの先輩方にお世話になりながら多くのことを教えていただきました。本当にありがとうございます。後輩マネたちにもしっかり受け継いでいきたいと思います。
    2021年、幹部としての一年になります。力みすぎず私たちらしく部を運営していきたいと思っております。ご迷惑をおかけする時もあるかもしれませんが、2021年もよろしくお願いいたします。

    #39046 返信

    村上(県大2)

    失礼します。
    代滋賀県立大学第25代会計兼広報兼OB担当を務めます。村上駆です。
    2020年を振り返ってということですが、今年は新型コロナウイルスの影響により例年とは大きく異なる1年になりました。
    滋賀県立大学では前期の授業は対面形式と言うわけにはいかず、部活動も禁止ということで大変な1年でした。
    今後の部活動はどうなるのか大会はあるのかなど様々な先の見えない問題がありました。
    ですが、悪いことばかりでなく自分を見直す良い機会だったのではないかとも思いました。
    過去に撮ってもらった動画を探ったりユーチューブの動画を見てイメージだけでもすれば何かかわるかもしれないですし、授業に関しても休みの期間が長くゆとりをもって課題に取り組めるなど普段とは違うことができる良い機会でした。
    普段と違うことをすると新しい発見も少し見えてきたりもします。
    そういうこともあり今年の聖域なき改革は大変そうでもありますが楽しみでもあります。
    勿論、2021年は結果も求めていきます。
    大会でも結果を出してインカレに出るのがスタートラインだと思ってこれからもまだ、行く先々不安がありますが日々練習に精進していこうと思います。
    長々と失礼しました。

    #39047 返信

    竹下(滋賀2)

    失礼します。
    第38代滋賀大学ウインドサーフィン部で学連兼渉外兼新歓担当を務めています、竹下息吹と申します。
    昨年はコロナ禍という前代未聞の状況の中で部を運営していただいた先輩方、本当にありがとうございました。
    2020年の反省として、何事に関しても「もっとできた」ということが挙げられます。自主練の回数や一回一回の正規連、大会への取り組み方が甘かったと思います。自分の中の理想と努力不足の現実とのギャップが如実に現れた一年でした。それがインカレでの順位に繋がったのだと思います。しかし悪いことばかりではなく、自分の得意不得意がはっきりしたことや、後輩が出来たことなど、モチベーションの維持に繋がることも多くありました。
    2021年は幹部として滋賀ウインドサーフィン部をより良くなるよう運営していきたいと思います。よろしくお願いします。

    #39058 返信

    重村(県大2)

    失礼します。
    第25代滋賀県立大学ウィンドサーフィン部で学連兼ob担当を務めている重村侑輝と申します。
    2020年をふりかえ

    #39059 返信

    重村(県大2)

    失礼します。
    第25代滋賀県立大学ウィンドサーフィン部で学連兼ob担当を務めている重村侑輝と申します。
    まずはコロナ禍で例年とは大きく変わった年でしたが、そんな中でもオンライン筋トレやランニングアプリの導入など普段とは別のアプローチも用いて部を引っ張って行っていただいた先輩方、ありがとうございました。
    この1年を振り返りますと、例年にもまして普段の生活態度、メンタル面が試される1年となった様に感じます。例年ならば、周りと一緒に練習し、大会に出て悔しがったり、成長を実感できたりした様な場面が今年は極端に少なくなってしまいました。そのため、周りがいなくてもどれだけ個人で意識を高く持ち自主的に行動できたかが再開後に色濃く影響されていたのだと思います。
    僕としては、成長期を逃した気がしてなりませんですが、それもまた自分の普段の甘さが出たものに他ならず、2021年はこの反省を踏まえて過ごそうと思います。

    #39060 返信

    濱田(滋賀2)

    失礼します。
    第38代滋賀大学ウィンドサーフィン部で広報兼OB担当を務めさせていただきます、濵田飛嘉と申します。
    まずは、昨年コロナ禍という厳しい状況の中で様々な試みを行いながら部を運営してくださった先輩方、ありがとうございました。
    この1年を振り返ってみると、中々モチベーションを上げきれなかった1年でした。コロナ禍で中々自由に練習ができない、2回生になり初めてのエキスパレースを経験し、思うような結果を出せず、実力不足を感じ自信を無くした、というような感じで中々モチベーションに繋げられなかった1年でした。後輩ができ、練習を頼まれることもあったおかげでなんとか出艇できていたというような感じでした。
    2021年は幹部としての1年になります。昨年の自分のウィンドに対しての姿勢を反省し、幹部として自分はどうあるべきか、また先輩として、プレイヤーとして自分はどうあるべきかを考えて2021年を過ごしていこうと思います。
    以上です。長文失礼しました。

    #39064 返信

    徳田(県大4)

    失礼します。
    投稿が遅くなり申し訳ありません。
    2020年の振り返りをさせていただきます。

    私の2020年は4回生としてどのようにチームに関わるかということに深く考えさせられた1年でした。自分が幹部という立場から4回生になり、団体戦を見据え、どう動けば良い影響を与えられるかの答えをずっと探していたような気がします。

    児島と宇佐美を中心として、幹部達が今までない状況の中でも、創意的にチーム運営してくれたことは4回生の立場から見て頼もしく感じていました。本当にお疲れ様でした。

    個人としては、入賞までの道程はまだまだ長いのかなと感じる場面を多く経験しました。インカレ予選の1日目や、インカレ本戦の吹きと中風レースで悔しい思いをとことん味わいました。私には残念ながらもう落ち込んでいる時間すら残されていないので、ひたすら前を見て、信頼できる後輩達を引き連れて海南に挑みたいと思っています。

    #39091 返信

    二ツ谷(県大マネ2)

    失礼します。
    第25代滋賀県立大学ウインドサーフィン部で新歓兼広報担当を務めさせていただいております、二ツ谷光と申します。
    まずは、2020年私たちを指導し、部を引っ張って下さった先輩方、ありがとうございました。またOB、OGの皆さんの声も励みになりました。本当にありがとうございます。
    2020年を振り返ると、思うようにいかない一年だったように思います。新型コロナウイルスの影響で前期は部活動ができなかったり、個人的には留学が中止になったりと想像もしていなかったことが起こり、それもあってか自分のモチベーションの維持が課題となりました。夏休みに練習が再開し、数をこなしていく中で徐々にモチベーションが下がっていき、12月くらいになると後輩マネの指導くらいにしかやる気を持てていませんでした。モチベーションに関しては個人の問題ではありますが、チームの雰囲気に影響を与えかねないので、今年は周囲の状況に左右されることなくモチベーションを保っていきたいと思います。
    新型コロナウイルスの影響はこれからも続き、部活動においてもイレギュラーなことも生じてくるとは思いますが、部の運営や後輩の育成などにおいて幹部として全力を尽くしていきますので、2021年もよろしくお願いいたします。
    以上です。失礼しました。

    #39099 返信

    柳(県大2)

    失礼します。
    第25代滋賀県立大学ウィンドサーフィン部広報兼新歓担当を務めております、柳勇輝と申します。
    2020年を振り返らせていただきます。
    コロナウイルスが流行し、今までにない年ではありましたが、個人的には自粛期間でするべきことをし、それなりに成長できた1年だと感じています。また、技術面においても、出来ることが着実に増え、さらにウィンドサーフィンという競技の面白さにも気づけたと思います。しかし、インカレ予選を通過することはできず、悔しさが残った1年でもありました。
    2021年でもさらに成長し、幹部としてもチームを引っ張っていけるよう頑張ります。