ホーム 掲示板 反省 関西新人大会第二戦 振り返り 返信先: 関西新人大会第二戦 振り返り

#46688

溝内(県大1)

    失礼します。
    関西新人大会第二戦の振り返りを書かせていただきます。
    まずは大会を開催、運営してくださった方々、日頃から自主練を見て下さり帰着、解除まで手伝って下さった先輩方ありがとうございました。様々な人のおかげで大会を終えることができました。
    今大会は微風やオフの中風といった私にとってやりにくいコンディションでした。1レース目は風が無くピヨってしまいました。他の人よりも多く大会前の強化練や自主練で同じコンディションでの練習が出来たにも関わらず何も活かせられず悔しい気持ちでいっぱいです。
    全レーストップ艇団と周回差がついてしまった理由は海面を見る能力と漕ぎの技術が劣っていたこと、どれだけ漕いでいられるかだったと思います。2、3レースはヘダーで他の艇よりも大きく下ってしまいマスパン漕いで上らせたりカツカツ行った艇に捲られてしまうことを繰り替えしてしまいました。一本前のレースの反省を次のレースに活かせられなかったのは一番良くないことだったと思います。また、どのレースもブローが見えず大会になるとブローを見る余裕さえないように感じました。普段の練習から海面を見ることに重点を置いていなかったからだと思います。特に2.3レース目は下有利でしたが他の艇の位置で気づいたので、自分で気付いて絶対にフレッシュを走る気持ちでスタートできるようにならなければいけないなと思いました。振り返ると前を走るぞという気持ちが他の人よりも弱かったと思います。いざスタートしてみると全然走れなくて諦めかけてしまったり弱気になってしまっていたなと思います。また、3本連続でレースする体力が無く体力不足を感じました。
    七夕に引き続き情けないリザルトを取ってしまい反省点や改善点がたくさんありますが、今大会ではマークをタイトに回航することができ、タイトに回れば捲ることができるという経験ができたのでそこは良かった点だったと思います。
    海でのプレ新で絶対に走らないといけないという状況を自分で作ってしまいましたが、切り替えて練習していこうと思います。